プレスリリース なばなの里イルミネーション

なばなの里イルミネーション

世界最高峰クオリティの美しい「光り輝く電球だけでつくる本物のイルミネーション」だからできる、こだわりの「本物力」。最先端のLED電球を使用し、色鮮やかに輝く情景を演出!究極のイルミネーションを演出し圧倒的な感動をお届けします。 ※映像を投影するプロジェクションマッピングは一切使用していません。

開催期間

2019.10/19~5/6 201日間

掲載の内容は予告なく変更になる場合がございます。

入村料

2,300円(小学生以上) 里内で利用できる 金券1,000円 分付

  • 金券は里内でのお買い物やお食事等にご利用できます
  • 一部、券売機等では利用不可

営業時間

9:00 ~ 21:00 ※時期・曜日により変動あり
※特定日などは 22時まで延長あり

※10/19~12/31
9:00~21:00 特定日を除く【平日】
9:00~22:00 土日祝・特定日(12/24,25,27,30)

※1/1~2/29
9:00~21:00 特定日を除く 全日
9:00~22:00 特定日(1/2~5、11,12,18,25,26,2/22,23)

※3/1~5/6 
9:00~22:00 全日


営業カレンダーを見る

なばなの里のイルミネーションは2019年で16回目(2004~)を迎えます。自然美を最大限に活かし樹木のライトアップも行い、冬の華「イルミネーション」とのコラボレーションが実現。シーズン1番の人気のイベントとなりました。 注目は「なばなの里」メインテーマエリアで、あじさい・花しょうぶ園(8,000坪・26,400㎡)の敷地に、毎回、新しいテーマでメイン会場のイルミネーションを展開。世界の美しい憧れの絶景の中から、一度は行ってみたいと憧れる雄大なテーマを厳選し開催しています。大自然の驚異と神秘の情景、躍動感あふれるダイナミックで色鮮やかな美しい姿を、大パノラマのスケールで、刻々と変わるその情景を最新LEDで色鮮やかに演出。思わず息を飲むような光景の数々と、豊かな自然が織り成す様々な彩り豊かな演出などが見どころです。美しい本物の光り輝く電球だけでつくるイルミネーションにこだわり最先端のLED電球を使用し、色鮮やかに煌く情景を演出します。世界最高峰を誇るクオリティと臨場感溢れる大迫力の壮大なスケール感は世界からも注目を集め人気を博しています。

イルミMAP2018

2019-2020「さくら」
” sakura (cherry blossoms).
The beauties of nature ”
毎年変わるテーマ内容

毎年変わる注目のメイン会場イルミネーション。今回のテーマは「さくら」桜(さくら)が魅せる四季折々の里山の絶景、 絢爛と咲き誇る藤棚を風雅な心でめぐる驚きと感動のイルミネーション。

国内最大級のスケールと、世界最高峰のプログラミング技術により色鮮やかに、表現力豊かに演出いたします。自然が魅せる豊かな表情に趣を見出し、日々の移ろいの中の一瞬のきらめきや、心に響く繊細で、感動的な情景をモチーフにいたしました。
Making it possible to savor the sight of the whole mountain in its spring coat.this is where visitors can see the spectacle that gave rise to the “thousand Cherry Blossom trees at a glance” expression.



花鳥風月(かちょうふうげつ)は、美しい自然の風景やそれを重んじる風流を意味する四字熟語です。「花の色や匂い」、「鳥のさえずり」、「風の肌ざわり」、「月の満ち欠け」など、日々の暮らしの中でふれる花鳥風月(自然の風物・景色を重んじる風流)をモチーフにイルミネーションで 天地自然の美しい景色や情景を、美しく鮮やかに展開いたします。

また、絢爛と咲き誇る藤の花をモチーフに、水彩画のように彩られた約70ⅿの藤棚エリアでは、里山の風景を借景にゆっくり歩を進めくぐることもできます。幾重にも折り重なる圧巻の桜景色や、四季折々の里山の原風景など、まさに後世に残したい数々のシーンの連続。


壮大で美しすぎる日本の情景を余すところなく表現するため、高さ 約30m 、横幅 約155 m というすべてを圧倒するスケールと、最新LEDによる最高峰のクオリティで、繊細かつ鮮やかな臨場感あふれる景観を表現。まさに後世に残したい「なばなの里」 だけで体験できるイルミネーションで魅せる美しい日本の情景の数々を心ゆくまでお楽しみください。



藤の花テーマエリアの里山の最前列にあり様々な色に変化します。絢爛と咲き誇る藤の花をモチーフにした黄色や白、紫色に彩られた優雅で美しい藤棚。来場者が約70mの藤棚の中をくぐるようにゆっくり歩を進め、光の中からイルミネーションを楽しめる体験もできます。


藤の花の色は、里山の演出するシーン内容により、その色を変えて、夏の渓流や月明かり、冬の氷柱(つらら)、春めいた花々、金色の草原など、さまざまな表情を見せてくれます。

(朝霧)
(朝霧)朝日を浴びて里山が目覚める幻想的な幕開け和楽器の音色が響く中、水墨画のように朝霧のベルに包まれる里山シーン。やがて雨の雫と波紋が広がる。(花)

Dawn, morning mist.

千本桜
千本桜山に桜が咲くシーンに、昔ばなしの花咲か爺さん登場里山ピンクに染まりやがて千本桜の風景に桜が咲いた里山蝶々が舞い活き活きとした春の訪れを喜ぶ楽しい情景です。(花)

Spring cherry blossoms and butterflies

渓流
渓流新緑が輝く夏の里山。夏空に沸き立つ入道雲、清らかに流れるせせらぎが爽やかで心地よい夏の里山を彩ります。時に激しく、時にゆるやかに...山々の景色は色鮮やかな濃淡が美しく、涼しげな滝や渓流の流れも登場する清々しい日本の風景(花)

Summer thunderhead, beautiful river flow

(月光の森
(月光の森静寂な満月の夏の夜月あかりの森にひっそりと虫が鳴いています。やがて夜も更けフクロウの声が聞こえてきます月光に照らされた里山にはホタル幽玄な光のそして神秘的な「天の川」と満天の星の光景が景色が目の前広がります。(鳥)

The owl's eyes move suspiciously in the moonlight on a full moon night. A fantastic sight of fireflies flying around.

(錦秋)

(錦秋)の深まりとともに錦色に色づく山々と、澄み渡る秋空のコントラストに魅了される秋の情景。イチョウやモミジのとりどりの落ち葉が舞う、奥深く美し紅葉の秋を表現しています。(鳥)

Autumn in Japan, landscape dyed in red, orange, and brown

 

日本の冬
日本の冬雪に覆われた山々降り積もる雪白銀に輝きしんしんと優しく降つもり、いつしか一面は雪化粧。雪景色の里山と白銀の世界と青のコントラストが映える。氷柱(つらら)が煌めくその姿はまさに日本の冬の風景。(鳥)

In Japan, snow is piled up in the mountains, and ice pillars and snow makeup express a cold winter.

伝統(雅楽と和楽の幻想)
伝統(雅楽と和楽の幻想)日本の伝統を感じさせる和の古典音楽雅楽と、日本伝統の和柄、吉祥文様が舞う場面。麻の葉七宝(しっぽう)矢絣(やがすり)青海波(せいがいは)など、古より受け継がれる日本の伝統文様が里山に花々のように咲き誇る

A scene that expresses the image of Japan with Japanese patterns and traditional Japanese instruments

桜・藤桜舞踊
桜・藤桜舞踊開花する桜が舞い踊る様子をイメージ。山桜が満開を迎えるその姿はまさに圧巻ピンクに色づく里山に満開の桜と藤の花が煌めく山肌を埋め尽くすように桜が咲き誇るまさに世界に誇る一目千本(ひとめせんぼん)の景色。(風)※一目千本(ひとめせんぼん)千本の桜が一目で見渡せる所

A lively expression of cherry blossoms and wisteria in full bloom and the joy of visiting spring

桜吹雪
桜吹雪桜の花が吹雪のように舞い、風に吹かれて散りゆく姿美しい儚くも美しい、桜が最も美しい情景。桜吹雪が舞い里山を美しく彩ります(風)

a flurry of falling cherry blossoms.

花園
花園里山の花園たくさんの花々が咲き誇るグラデーションが美しい景色。と白のコントラストが美しいネモフィラや、紫など色鮮やかなの花々が咲く花畑をイメージ。(月)

Flowers and greenery are blooming vividly on the ridge surrounded by mountains..

実りの秋
実りの秋黄金色に染ま美しい秋の里山風景あたり一面が麦穂や稲穂で黄金に輝く情景収穫のときを迎え、夕日に照らされて黄金色の光を放っている(月)

In the autumn of harvest, the countryside is full of wheat and rice and is colored in autumn

茜(夕暮れ)

茜(夕暮れ)夕日で照らされ茜色に染まる空。紅葉が色づく真っ赤な山並み。澄んだ空気が夕焼けを特に美しく見せるといわれる秋の夕暮れがつくり出す儚くも美しい貴重な瞬間。(月)

Mountains dyed in the colors of autumn, beautiful scenery at sunset

光りの演出の遷移

  • 2004年  水上オブジェと15ミリツリー
  • 2005年  水上イルミネーションとツインツリー
  • 2006年  光の回廊を新設
  • 2007年  テーマエリア 天の川 ~光の銀河~
  • 2008年  テーマエリア 花  ~光のお花畑~
  • 2009年  テーマエリア オーロラ ~幻想・光のカーテン~
  • 2010年  テーマエリア 富士と海  ~大海原と富士~
  • 2011年  テーマエリア 日本の四季 ~輝く希望のあかり~
  • 2012年  テーマエリア 大自然 ~天空に舞う神秘の情景~
  • 2013年  テーマエリア 祝・世界遺産 富士 ~世界一の荘厳たる富士~
  • 2014年  テーマエリア ナイアガラの滝 ~大自然が魅せる驚異の情景~
  • 2015年  テーマエリア スイスアルプスと大自然
  • 2016年  テーマエリア 大地 -だいち-  ~世界四大陸と日本の絶景を巡る旅~
  • 2017年  テーマエリア くまもとだモン!~ くまモンのふるさと紀行 ~
  • 2018年  テーマエリア JAPAN ~ 日本の情景 ~
  • 2019年  テーマエリア さくら ~SAKURA~

光のトンネル(200m)

200mの「光のトンネル」アーチングイルミネーション 華回廊。
花ひろば西側通路(あじさい・しょうぶ園への道)に、花びらを模ったLED電球で「暖かなあかり」を演出した光の回廊(約200m)があります。なばなの里イルミネーションを一躍有名にした人気スポット、200mの「光のトンネル」。2006年に初登場しました。暖かいイルミネーションの光が心をも包みます。(2017年よりLED電球で白熱電球のあたたかな灯りを再現)

2013年には「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」に選ばれました。 ※「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」詩歩(しほ):世界中の絶景を紹介するFacebookページを運営し、70万以上のいいね!を獲得して話題に。書籍「死ぬまでに行きたい!世界の絶景(2013年)」を出版し、オリコンランキング1位を獲得。


光のトンネル(100m)

光のトンネル(100m)は毎年内容が変わります。

<新登場>  「菜の花」~canola flower~ 

つぼみの緑と鮮やかな黄色の花のコントラストが春らしい「菜の花」がモチーフ。
You can experience superb views. The best top-level technology in the world "Nana no Sato Illumination". Tunnels made with illumination represent the "flower garden of canola flower"

一面黄色い絨毯を作り出す圧巻の菜の花のトンネルで、フォトジェニックな景色を楽しもう。LEDの小さな電飾1つ1つのあかりをあつめ、たくさんの菜の花が咲き並ぶ心やすらぐ景色を演出。見わたす限り一面が菜の花畑の鮮やかな黄色で覆われ、誰もが懐かしいと感じてしまう情緒豊かな光景です。どこまでも続く圧巻のその景色は時間が経つのも忘れてしまうくらい、一度見たら忘れられない素晴らしい光景になることでしょう。菜の花の花の言葉は「小さな幸せ」、「元気いっぱい」、「活発」など幸せで元気なイメージ。春の訪れを告げる菜の花のイルミネーションは、きっと見た人の心を癒してくれるでしょう。

雄大でカラフルそしてフォトジェニックな景色を演出するために、最新調光プログラム技術と最新のLEDを使用し、芽吹き、新緑などの美しい草姿と、つぼみが膨らみ数を増やし、やがて鮮やかに染まる花色を表現いたします。心を癒してくれる日本の伝統色の繊細な色彩をゆっくりとお楽しみください。

過去の内容

  • 2006年 ブルーLED
  • 2007年 クリスタルホワイト
  • 2008年 カラフルLED
  • 2009年 パープルLED
  • 2010年 虹(レインボー)
  • 2011年 宝石箱(色変わりするLED)
  • 2012年 河津桜(ピンク)
  • 2013年 もみじ(オレンジ・黄)
  • 2014年 お花畑(黄、ピンク、緑)
  • 2015年 青の世界(4種類の「青」)
  • 2016年 秋(3種赤・橙・緑)(調光変色)
  • 2017年 桜(緑・ピンク)(調光変色)
  • 2018年 ラベンダー(紫・緑)(調光変色)
  • 2019年 菜の花(黄・緑)(調光変色)

歴代のイルミネーションを見る

国内最大の水上イルミネーション

立体的な優美で繊細な川の流れを演出する水上イルミネーション。渓流をイメージした大河の流れや、ダイナミックな滝の流れ、変化のある千変万化の川流れの美しさを躍動感あふれる演出しています。約10分間のプログラム中には、四季の移ろいや、神秘の自然現象など、想像を超える色合い豊かなシーンを多彩に演出。最先端のコンピューター制御技術を駆使し、美しい音色のBGMに合わせ約640億色の演出が可能な最新LEDで「光の大河」の木曽三川(木曽川、揖斐川、長良川)の、様々な変化に富んだ"大自然の美しさ"を演出しています。まさに世界を魅了するイルミネーションで、雄大な大自然をイメージし鮮麗たる美しい空間が広がります。また、近年、2015年に大幅なリノベーションもおこなわれたばかりで見応えがアップしています。

水上イルミネーションを詳しく見る

チャペル前のツインツリー

なばなの里のチャペル前には2本のシンボルツリーがあります。より美しくツリーをご覧いただけるように、LED電球を丁寧に枝先まで装飾し、ボリューム感のある華やかなイルミネーションのツリーに仕上げました。高さ約20mを超える天然木(ヒマラヤスギ)は、見事な枝ぶりの存在感のある巨木です。毎年、チャペルの鐘の音を 合図に点灯式が行われ、「なばなの里」で一番の人々が集う場所。クリスタルホワイトに彩られたゴージャスな気品のあるツリーと、大人の色使いのパステルブ ルーに見立てた優雅なツリーは、人気のフォトスポットになることでしょう。なばなの里のチャペルでは結婚式もシーズンには挙げられています。神聖な雰囲気に女性を中心にフォトスポットにもなっています。運がいいとチャペルの中の十字架も見れるかも?

NIKKEIプラス1「何でもランキング クリスマスツリー名所に行こう」 にて日本一を獲得!日本経済新聞が発行する「NIKKEIプラス1」(毎週土曜日発行・別刷り紙面)の‘何でもランキング クリスマスツリー名所に行こう’(2015.11.21付)において、東西併せて第1位を獲得。この冬行きたいクリスマスツリー東西13カ所 (2015.11.21付)

時間:17時頃
場所:なばなの里ゲート付近

点灯時間は時期や状況により予告無く前後いたします。

水上イルミネーションを詳しく見る

日本一のツリーに なばなの里!東西13カ所でNo.1に選ばれました! (NIKKEIプラス1)


<NEW>ミレニアムガーデン「光の海」

樹齢1000年オリーブ大樹を色鮮やかなライトアップに染め、きらびやかなイルミネーションが様々なシーンを奏でる。幸せを呼ぶミレニアムツリーに会いに行こう!圧倒的な存在感の大樹を色鮮やかに染めるライトアップ。花壇の上に立体的にLEDを張り、光の調光で青く輝く地中海の海が波打つ様子や、豊かな大地の恵みどこまでも続く広大なオリーブ畑も表現します。また、広大なオリーブ畑には豊かな恵みをもたらす煌めく地中海の風も表現するシーンもあります。心が透き通るような気持ちにさせてくれる、色鮮やかなイルミネーションエリアです。

【まるでそこはパワースポット!】アーチをくぐると幸せになれると言われ、カップルに大人気だった「光の雲海」幸せを呼ぶアーチが「幸せを呼ぶツリー」としてお待ちしています。ミレニアムツリーの前で「手をつなぐと幸せになれる⁈」新たなジンクスと魅力がたっぷり!アーチからミレニアムツリーにその形を変えても、幸せを願う人の心をつかんで離しません。たくさんのカップルはもちろん、ファミリーやお友達同士での方々で幸せを願う姿をこのガーデンでたくさん見られるでしょう。

★2019年 エリア刷新

ミレニアムガーデン 光の海を詳しく見る

過去のプレスリリース <共同通信PRWire>

季節の花々のライトアップとの競演!

なばなの里 イルミネーションと合わせて楽しみたい春からのロマンチックな夜
夜のなばなの里はとってもロマンチック。花ひろばのライトアップは想像を超える光と花の競演です。

お得な切符を詳しく見る

なばなの里イルミネーション 近鉄電車&バス割引セットきっぷ

なばなの里 イルミネーションへは電車とバスで便利にお得に!
近鉄長島駅に急行を臨時停車、「なばなの里」への直通バスを運行しています。電車・バスの往復乗車券、「なばなの里」入村券などをセットしたお得なきっぷも発売中。

お得な切符を詳しく見る

イルミネーションから紅葉まで旅好きに大好評!

トリップアドバイザーのアドバイザー
↓↓まだまだあります「なばなの里」の口コミランキング↓↓

世界が認めた「なばなの里」 外国人観光客が称賛投稿多数!
世界中の旅行者が訪れる日本を代表する観光名所に!

東海地区で唯一『なばなの里』TOP30ランクイン!

「外国人に人気の観光スポット2017」

口コミを読んで予約もできる世界最大の旅行サイト「TripAdvisor®」の日本法人であるトリップアドバイザー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:牧野友衛http://www.tripadvisor.jp/)は、トリップアドバイザー上に投稿された外国語の口コミ評価をもとに、「外国人に人気の観光スポット2017」を発表しました。

イルミネーション人気ランキング2014
トップはなばなの里 - Yahoo! 調べ

ヤフーは人気イルミネーションスポットに関する調査を実施し、その結果を発表した。ヤフーによると「イルミネーション」のキーワード検索は、例年10月中旬から増加し、クリスマスにかけてピークとなるが、今年は昨年を上回る推移で伸びている。

また、「yahoo!トラベル」サイト上での閲覧数をもとにした、人気イルミネーションスポットランキングも発表。全国1位は三重県の「なばなの里」、2位は千葉県の「東京ドイツ村」となった。都内人気エリアランキングでは、1位は今年初開催の「中目黒(目黒川)」。次いで丸の内、六本木の順となった。

参考:http://www.travelvoice.jp/20141208-32509

美しい景観が話題の「なばなの里」が世界の絶景と肩を並べて

2013年「年間写真集TOP10」が発表。AKB48などアイドルの関連本がトップ10のうち8つを占める中、2位に「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」(三才ブックス)がランクイン。

詳しくはこちら

56万人が「いいね!」したFacebookページ
死ぬまでに行きたい!世界の絶景
https://www.facebook.com/sekainozekkei
から特に人気のあった絶景を厳選した写真集。

世界のネットユーザーが選んだ絶景をランキング化して写真集として発売された。第一位の絶景はイタリア・ランベドゥーザ島、二位はモルディブ・バードゥ島の海が光っている写真。そして、五位に三重・桑名市のなばなの里。

200メートル にわたって光のトンネルが続き、国内有数のイルミネーションスポットとして紹介されました。

Nスタ 2013年12月10日(火) TBS
とくダネ!2013年12月10日(火)フジテレビ

イルミネーションアワード 3年連続 第1位

全国の夜景鑑賞士を対象に「実際に行ってみて良かったイルミネーション」という項目で、国内の施設を対象に一般投票も加えランキングを決定・発表しています。
(2014年・2015年・2016年)

詳細はこちら

最も気になるランキング。発表!
夜景鑑賞士が選んだ
『全国イルミネーションランキング』
http://www.dreamnews.jp/press/0000121868/

青色LEDの発明実用化 ノーベル物理学賞 日本人研究者が受賞

赤崎さん、天野さん、中村さんノーベル物理学賞受賞おめでとうございます!青色発光ダイオードの開発、実用化が世界に大きく評価され2014年10/7にノーベル物理学賞を受賞されました。

多くの人々に「光の恩恵」をもたらした夢のLED照明。技術的に20世紀中の開発は無理とさえ言われた青色LEDの開発に取り組み、
世界で初めて成功し、世界中の研究者を驚かせました。

なばなの里のイルミネーションのいたるところで使われている青色LED。透き通るようなその美しい青色LEDとても人気のある色です。

また、赤・緑・青の光の三原色のLEDがすべてそろい、組合せによりあらゆる色が出せるようになり、鮮やかで多彩な美しいイルミネーションにより様々な表現が可能になりました。

なばなの里では特に水上イルミネーションやテーマエリアでは多彩な色で様々な演出を行っています。なばなの里は世界最高峰のLED技術を使用した世界最高のイルミネーションでありLED技術の集大成ともいえるでしょう。

ナガシマリゾートの節電への取り組みについて

電飾には省電力のLEDを積極採用し節電を実施しております。
冬のイルミネーションを迎えるにあたり、従来から保有している「自家発電設備」の稼動により、イルミネーションに要する消費電力のほとんどをまかなっております。 節電対策として園内各所の電灯を消灯したり、花ひろばの夜間ライトアップは期間中とりやめ、昼間のお花観賞のみでお楽しみいただいております。
営業時間は22時までの営業日は土日休日と繁忙期の一部のみで、平日は21時までとさせていただきます。ご迷惑をおかけいたしますがご理解の程よろしくお願いします。

なばなの里の自家発電装置について

なばなの里では開業時より、ガスコージェネレーションシステムを導入し、自家発電装置を稼動させています。イルミネーションに要する消費電力の殆どをまかなっております。ナガシマリゾートは節電に心掛ける施設です
ご来場されるお客様の安全やサービス等、お客様にご迷惑をおかけする様な節電は実施致しませんが、従業員用施設やバックヤードの照明の減灯や消灯をはじ め、空調の温度調整など、ナガシマリゾート全体(なばなの里、オフィシャルホテル、遊園地、温泉施設等)で、節電に心掛けて参ります。