なばなの里ホタル出現 最新情報<速報ページ>

2020年1月27日

なばなの里 ホタル出現 最新情報<速報版>

2018_p01

<お願い>屋外の環境ですが、マスクの着用や、人と人との距離の確保など、お一人おひとりの感染症対策にご協力ください。

名古屋から車で30分。お子様やファミリーに安全にホタル観賞をお楽しみ頂けるように園内の歩道の近くの水辺で観賞ができます。もちろん、お手洗いやお食事処の心配もなく施設は充実、気軽にお楽しみいただけるのが魅力です。

ほたるまつり 5月中旬~7月上旬頃

出現ピーク時期予想:例年5/25頃~6/下旬頃

昨年の出現状況こちら

蛍は光に弱いため、懐中電灯、フラッシュは使用しないでください
携帯電話やスマートフォンの使用は控えましょう。モニターは夕方や夜間では非常に目立ちます。ホタル生息地でのカメラや携帯・スマホの液晶画面の光、フラッシュ、懐中電灯の光は、ホタルに悪影響を及ぼすのと、他の方への迷惑になりますのでお控えください。

2021年 なばなの里 ホタル出現速報

観測日時 出現数 コメント・所見
2021年5月頃~7月上旬頃 - 匹 例年5月中旬~7月上旬頃たのしめます

5月下旬~7月上旬は初夏の風物詩ホタルまつりを開催

初夏の夕暮れ時、川のせせらぎとともに幻想的な一夜をお楽しみください。わずかな期間しか見られない贅沢な夜の時間。幻想的な優雅なホタルの舞をご体験いただけます。初夏の訪れを感じるひとときは、素敵な思い出となることでしょう。幻想的な夜を「なばなの里」でお楽しみください。

ホタルの種類

ゲンジボタル (5月下旬頃~6月下旬)
ヘイケボタル (6月中旬~7月上旬)

 

ゲンジボタルは水と緑ときれいな空気、そんなこの辺りの大自然の中、満点の星空の下、幻想的なホタルの光が観察できます。卵(一匹の雌は0.5mmぐらいの卵を約500個生みます)卵は40~50日で孵化します。→ 孵化した幼虫は水中で生活しカワニナを食べ成長します。 → 翌年5~6月ごろ、暖かい雨の夜に上陸し土の中に潜りさなぎとなります。 → さなぎの期間は40~50日です。 → さなぎから 羽化したホタルは3日ぐらいで地上に出てきます。(雌は1.8cm、雄は1.4cm位で雄の方が小ぶりです。) 成虫は夜つゆを飲むだけで何も食べません。 → 光の言葉を交しカップルとなり交尾をします。交尾後、雄はすぐに死んでしまいます。 ホタルの成虫の寿命は10日~20日ぐらいです。

ホタルは光に弱いため、懐中電灯、フラッシュなどは使用しないでください ホタル生息地でのカメラや携帯・スマホの液晶画面の光、フラッシュ、懐中電灯の光は、ホタルに悪影響を及ぼすのと、他の方への迷惑になりますのでお控えください。

ホタルまつりを詳しく見る

過去のホタル出現状況

ウェザーニュース ホタル名所情報

なばなの里 ホタル情報