ナガシマリゾート Nagashima Resort

MENU

TOP > なばなの里TOP > なばなの里に咲きました! 世界三大花木 「ジャカランタ」【2007年7月1日】

なばなの里

なばなの里からのお知らせ 詳細

なばなの里からのお知らせ 詳細 TOPへ戻る

なばなの里に咲きました! 世界三大花木 「ジャカランタ」【2007年7月1日】

【2008.04.16】

世界三大花木 ジャカランタ なばなの里に咲きました! 【7月1日】

 

「ジャカランタ」なばなの里に咲きました!


その姿は可憐で紫色のかわいらしい姿に見る人々の歓声が聞こえてきました。

ちょうど7月1日に開花したジャカランタは

ベゴニアガーデンの中にあるバラ園内のお庭にありました。

 

なばなの里で初めて咲く姿に、なばなの里のスタッフやお客様に

とってはとってもラッキーな1日でした。

 

ジャカランタはその姿を日本で見ることは大変むずかしいとされていて、

その上、世界3大花木(ホウオウボク・カエンボク・ジャカランタ)だと

いうからその姿に皆さん足を止めていました。

 

 

 

7月3日現在では、レストラン「マルセイユ」前のガーデンに咲いていました。

 

ジャカランタは熱帯アメリカ原産で、ブラジルの国花でノウセンカズラ科の高木。

大木(約7~8m)にならないと開花しないと言われていて、
気候の変化が激しい日本の屋外では成育が非常に難しいと言われおり、
花をつけることは日本では非常に珍しいそうです。

 

南米では街路樹などに植えられて、日本の桜のように親しまれています。

花の見頃は6月中旬~で、紫色の2~3cmの花をつけ、木の上部に集中して咲きます。

 

鮮やかに咲く紫色の花が雲のように見えるので、和名では「紫雲木」、

また、花が樹いっぱいに密集して咲くことから熱帯の「さくら」とも呼ばれています。