ナガシマリゾート Nagashima Resort

MENU

TOP > なばなの里TOP > なばなの里 Q&A

なばなの里

なばなの里 Q&AQ&A一覧
 
Q ペット同伴の入場は可能ですか?
A

ペットをつれての入村はご遠慮いただいてます。(ゲージも不可)

★介助犬・補助犬・聴導犬等は入村可能です。 
身体障害者手帳又は使用者証を御提示ください

 


Q 障害者割引はありますか
A

※障害者割引(障害者手帳の提示が必要です)

※「特定医療費受給者証」も同様割引を適応(本人のみ)

■なばなの里ベゴニアガーデン施設利用料金

 大人800円、小学生560円、幼児160円


ほか、ナガシマリゾートの施設割引

①遊園地入場券

大人1,280円、小学生800円、幼児400円


②遊園地+湯あみの島入場セット券

大人1,680円、小学生1,040円、幼児560円


・障害者割引は ① ② の2種類設定

※のりものパスポート、お直りパスポート等の割引はございません。

※「特定医療費受給者証」も同様割引を適応(本人のみ)


Q ご来場の健常者のお客様が補助犬と出会ったら
A

身体障害者補助犬(盲導犬・介助犬・聴導犬)はご同伴いただけます。

ほじょ犬のご同伴を受入れております 詳細>>


<ご来場の健常者のお客様が補助犬と出会ったら>

盲導犬は白いハーネス。介助犬・聴導犬はケープを着用している時はお仕事中です。


★3つのおねがい
1.補助犬を見つめない・声をかけない・勝手に触らない
2.補助犬の使用者さんが困っている時は声を掛けてあげて下さい
3.公共施設や交通機関への同伴が認められています。


暖かく受け入れてください。
補助犬が活躍しやすい社会にする為に皆様のご理解、ご協力をお願いいたします。


http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/syakai/hojyoken/img/sticker_1208a.jpg


 ・全体版(ほじょ犬もっと知ってBOOK)(PDF:3,376KB))


Q 里内での基本的なルールはありますか?
A ■注意・禁止 事項
お客様の不注意による事故について、当社は一切の責任を負いかねます。

・危険物の持ち込みの禁止
・物品等の販売および陳列の禁止の禁止
・ビラ等の配布 の禁止
・集会、演説
・商業目的の撮影の禁止
・入園にふさわしくない服装の禁止
 (体に刺青のある方は、刺青が露出しないよう上着等をご着用ください)
・当社の運営の妨げとなる一切の行為、他のお客様のご迷惑となる恐れのある場合、
 また、なばなの里からのお願いに対しご協力いただけなかった場合、
 入場をお断りすることや、退場していただくことがあります。
・特定のグループ・個人による場所の占領や、荷物の放置等はお断りします。
・スタッフの指示に従って頂けない場合は、退場していただきます。
・会場内での呼び出しは一切いたしません。
・館内は禁煙です。喫煙は指定の場所でお願いします。
・ご飲食は、飲食コーナーでお願いします。
・万一、盗難・破損があっても主催者は一切の責任を負いません。
・里内では取材撮影及び、主催者による記録撮影が行われ、来場者の姿がテレビ・
 新聞・雑誌・WEB等に掲載されることがあります。
・各種施設の撮影の際に、来園者の皆様が撮影の対象になる場合があります。
 報道、広告宣伝、プロモーション、販売商品等に使用される場合があります。
・過激なメイク・刺青なご来場にふさわしくないと判断した場合。
 ご入場をはお断り
する場合もあります。
・走ったり、騒ぐなど、派手なパフォーマンス等、周囲の迷惑になる行為は
 おやめください。
・ご来場の目的の趣旨に反すると判断した場合、中止又はご退場をお願いする
 場合がございます。
Q クレジットカードは使えますか?
A 以下のクレジットカードがご利用いただけます。

※入村料金やベゴニアガーデン、仮設売店等の支払いには

 クレジットカードはご利用いただけません。


※ご利用いただけるご利用施設一覧は こちら>>


Q なばなの里の花の開花状況は?
A 現在の開花状況はこちらをご参照ください。
詳細は 0594-41-0787 なばなの里インフォメーションへ
Q なばなの里の過去のお花の咲き状況は分かりますか?
A 過去のお花の状況はこちらをご参照ください。
詳細は 0594-41-0787 なばなの里インフォメーションへ
Q なばなの里で人気のある時期はいつですか?
A 春の河津桜、しだれ梅、チューリップ、バラ。初夏のあじさい、しょうぶ、 秋のコスモス、ダリア、冬のイルミネーションなどが例年人気です。
Q なばなの里で写真を撮影したいのですが、禁止事項等はありますか?
A 他のお客様のご迷惑にならない範囲で撮影をしてください。
最近、花壇等に入って撮影される方によりお花が被害を受けています。
■詳しくはこちらをご参照ください>>>
※混雑時の三脚使用による撮影への苦情が多く混雑時は御遠慮いただいております。
※係員の指示に従わない方や他のお客様に迷惑を及ぼす行為を行う恐れがあると判断した場合ご利用をお断りする場合がございます。
Q なばなの里はどこにありますか?
A 三重県と愛知県の県境に近い桑名市長島町、長良川河口堰の隣りです。
Q なばなの里の広さはどの位ですか?
A 花ひろば等含めて約30万㎡になります。
Q なばなの里の営業時間は何時から何時までですか?
A 朝9時から夜9時まで営業しております。
※冬期イルミネーションの時期は若干営業時間が変更いたします。
Q 休館日はありますか?
A

基本的にはございません。
但し、年一度(7月予定)だけ設備点検日を兼ねて

特別休館日を5日間程いただいております。詳しくは>>こちら

Q 最寄の駅はどこですか?
A

JR関西本線・近鉄名古屋線「桑名駅」が便利です。
下車後、路線バス(三重交通)の“なばなの里行き”
又は“長島温泉行き なばなの里経由”を御利用ください。
(三重交通バスにて大人250円・子供120円)


※冬期イルミネーションの時期は桑名駅~なばなの里間の運行を中止します。「近鉄長島駅」より「なばなの里」まで直通バスが運行します。渋滞の心配も少なく一番便利で最速の移動手段です。

Q 桑名駅から“なばなの里”まで、バスで所要時間はどの位ですか?
A 10分~15分程です。(※冬は「近鉄長島駅」より約10分)
Q 名古屋駅からバスは出ていませんか?
A 名古屋駅前名鉄百貨店隣り、名鉄バスターミナルビル 4F(名鉄バスセンター)からの 路線バス(名鉄バスと三重交通の共同運行)で“長島温泉行き なばなの里経由”をご利用ください。
Q 名鉄バスセンターから“なばなの里”まで、バスで所要時間はどの位ですか?
A 約35分程です。
Q 駐車場はありますか?
A 約4000台程お止めいただけます。駐車料金は無料でございます。
Q 身体障害者用駐車場はありますか?
A 約40台分ほど確保してございます。
(A駐車場12、B駐車場12、C駐車場14)
Q 入場料金はいくらですか?
A 季節により変動します 詳しくは>>こちら
Q なばなクーポンとは何ですか?
A なばなの里内でご使用頂けるお金に替わるもの(金券)です。
なばなの里内各施設にてご使用可能です。
※金券には有効期限がございます。期限内であれば次回お越しの際もご利用いただけます。
例外としてアイランド富士・花市場の施設はご使用出来かねます。
また、コインロッカー及び券売機・自販機等は御利用いただけません。
Q 飲食物の持ち込みはできますか?
A 飲食物の持ち込みはご遠慮をいただいます。なばなの里の各レストランを御利用ください。
Q なばなの里の花ごよみは?
A 例年の開花予想の目安は“花ごよみ”はこちらをご参照ください。
※季節の状況により若干異なる場合がございます。
Q 介助犬は入場出来ますか?
A 介助犬・補助犬・聴導犬等は入村可能です。
※ 身体障害者手帳又は使用者証を御提示ください
Q 車椅子の貸出しはありますか?
A ゲートで貸出しを行っています(台数約20台)貸出し料金は無料です。
※台数に限りがございますので、御持参いただけると幸いです。
Q 車椅子を予約したいのですが?
A 恐れ入りますが、当日先着順で貸出しのみになります。
Q ベビーカーの貸出しはありますか?
A ベビーカーの貸出しはございません。ご持参いただけますようお願いいたします。
Q 授乳室はありますか?
A 授乳室としてはございませんが、入口横インフォメーションにてご利用いただけます。
Q ロッカーはありますか?
A 約45個、入口ゲート横にございます。サイズ(中)300円、(小)200円
Q 身障者用トイレはありますか?
A 里内各所8箇所ございます。
花市場(2箇所)、 ビール園(1箇所)、花ひろば(1箇所)、村の市前(1箇所)、ゲート前(1箇所)、ベゴ二ア(1箇所)、翡翠(1箇所)に、ユニバーサルデザイントイレを御用意しております。
身障者用トイレ
Q オムツ替えシートはありますか?
A 里内各所にございます
(合計17箇所)。
花市場(2箇所)
ベゴ二アガーデン(1箇所)
花ひろば(1箇所)
村の市前(1箇所)
ゲート前(3箇所)
各レストラン(女性側トイレ内【×9】)
にございます。
オムツ替えシート
Q ベゴニアガーデンとはなんですか?
A 約9000㎡の広さを持つ「なばなの里」自慢の4棟の大温室です。一年を通して約24℃に設定して世界各国から集めた数百種・1万2000株の絢爛たるベゴニアを展示しております。夏は涼しく、冬は暖かい(約26度)全天候型の温室です。雨の日でも楽しめるので安心してお越しください。
営業時間 9: 00~21:00迄 (入館受付20時迄)
入館料 大人:1,000円 小・中学生:700円 幼児(3歳以上):200円

Q 「バラ園」はどこにありますか?
A ベゴニアガーデン内にあります。(ベゴ二アガーデン有料)
ベゴニアガーデンに御入場後、ご自由に御覧にいただけます。
Q 「アイランド富士」ってなんですか?
A 地上45mまで上昇する展望台です。空気が澄んでいれば、遠くは中部国際空港や名古屋駅前のツインタワー・ミッドランドスクエアなどが御覧いただけます。
Q なばなの里の「里の湯」は温泉ですか?
A 天然温泉です。摂氏60度の無色透明、無味無臭の重曹泉です。
※(一部“源泉掛け流し”、循環併用、加水のみ)
Q 温泉の効能について教えてください?
A 神経痛や関節痛に効果があります。
Q 里の湯でタオルは貸してもらえるのですか?
A はい。無料で貸し出しをしております。
Q チャペルで結婚式は出来ますか?
A

はい、通常、ホテル花水木挙式と披露宴のセットで承っております。
御料金についてはお問い合わせ下さい。

 

0594-41-0787(代)又はホテル花水木0594-45-1111(代)婚礼係まで

Q なばなの里には飲食店がありますか?
A レストランが7店舗と喫茶店がございます。
レストラン“長島ビール園”・日本料理“翡翠”・中国料理“桃仙”・イタリアンレストラン“麦”・ベーカリーレストラン“マルセイユ”・とんかつ“かつ○”・麺料理“芭蕉庵”喫茶“カフェ・ラ・テラス”がございます。
お問合せ 0594-41-0787(代)
Q なばなの里に公衆電話はありますか?
A 各レストラン(ピンク電話)と入口ゲート横、A駐車場(カード利用可)にございます。
Q なばなの里に公衆トイレはありますか?
A

花市場・入口ゲート前・売店前・花ひろば内・ベゴニアガーデンにあります。

お近くにない場合は気軽に各レストランにお声掛けください。

Q 迷子等の呼び出し等はありますか?
A なばなの里内での迷子や団体様のお呼び出し放送はございません。
※迷子は各施設の係りにより探すお手伝いをさせていただきますので、入口インフォメーションへお申しつけください。

里内では、各種施設や取材等の撮影の際に、お客様の皆様が撮影の対象になる場合があります。それらは、報道、広告宣伝、プロモーション、販売商品等に使用される場合があります。


その他ご質問ございましたらお電話にて承ります。 0594-41-0787 なばなの里インフォメーション
Q  無人飛行機等(ドローン)使用禁止 
A

無人飛行機等(ドローン)の飛行によるトラブルが各地の行事で相次いでいる事態を受け、観覧者及び関係者等の安全の確保及び円滑な運営の実施のため、花火会場の上空及び、周辺の路上とその他の場所において飛行を目的とした無人飛行機等(ドローン)の持ち込み・使用は禁止させていただきます。

万一の人や物への衝突事故などの回避、又その他安全上の理由により、敷地内の上空及び、周辺の飛行を禁止いたしております。

皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

※報道及び取材等で許可を得た撮影は除きます。

Q 撮影方法・撮影内容についての基準や注意事項はありますか?
A

撮影の方法や内容につきましては、狭い通路での撮影、一定の場所を占拠しての撮影などは他のお客様の見学や通行の妨げとなり、ご迷惑となりますので、固くお断り申し上げます。また、脚立の使用、反射板(レフ板)のお持込及び使用はおことわり申し上げます。

※報道及び取材等で許可を得た撮影は除きます。


なばなの里は沢山のお客様にお花やイルミネーション等をごらんいただくための施設です。撮影の際は、ご来場のお客様の危険防止につとめ、お花や展示物を傷つけることがないようお願い申し上げます。また、公共の場における社会通念上のルールやマナーをお守り下さい。これらをお守り頂けない場合は、なばなの里スタッフの判断で撮影の自粛や、場合によっては ご退村をお願い申し上げる場合もございますので予めご了承下さい。なお、撮影可否の事前判断は致しかねますので併せてご承知おき下さい。

Q 撮影には許可が必要ですか?
A

個人的な撮影(撮影・掲載物が私用目的)でしたら、特別な許可がなくても結構です。但し、広告・営業・販売目的の撮影はお断りいたします。※報道及び取材等で許可を得た撮影は除きます。

Q イルミネーション鑑賞時のお願い
A イルミネーション開催時は大変混雑いたします。混雑予想スケジュールやその他のインフォメーションをご覧になってお出かけください。

・混雑時には長時間外でお並びいただく場合がございます。十分な防寒対策をしてご来街ください。
・混雑時には、一方通行等、イルミネーション観賞ルートの制限を実施いたします。係員の指示に従っていただきますようお願いいたします。
・イルミネーション待機列にお並びになる前に、必ずお手洗いをお済ませください。お手洗いご使用による列の途中退場後、列にお戻りになる際は、列の最後尾に並んでいただくことになります。
・ベビーカーは安全管理上、周囲の方に十分注意してお並びください。
・里内は、混雑のため携帯電話がつながりにくい状態になるためご留意ください。
 ・車イス等をご使用の方は観覧の待機列にお並びするのは大変危険ですので、お時間をずらしたり、周囲の方に十分注意してご利用ください。
 ・周辺の道路は渋滞し、駐車場は満車になるか、混雑により入出庫に大変長い時間を要しますので、公共交通機関でのご来場をお勧めいたします。
・お車でご来場のお客様は渋滞により、レストラン等の予約時間に間に合わないケースが大変多くございますので、予めご注意ください。
・他のお客様への迷惑行為はご退出していただく場合がございます。
・写真撮影では、他のお客様の鑑賞の妨げにならないようご配慮をお願いします。
混雑時に関しましては、撮影には、三脚などの使用はご遠慮いただいております。


Q 特殊な衣装を身につけて入村できますか?
A

なばなの里はお客様にお楽しみいただくための施設です。公序良俗に反しない服装であればどなたでもご入村いただけます。但し、なばなの里の雰囲気を損なう恐れのある服装など、他のお客様が不快に感じる恐れのある服装を着用してのご入村につきましては、お断りさせていただく場合がございますので予めご了承ください。


また、危険と感じる恐れのあるものを所持・携帯されてのご入村もお断りさせていただく場合がございますので予めご了承ください。なお、これらにつきましてはご来村頂いた際に判断をさせていただきます。写真等での事前判断は致しませんのでご了承ください。

またウエディングドレスや白無垢、色打掛などの婚礼衣裳を着用してのご入村及び撮影はお断りをしております


ホテル花水木で挙式の方には前撮りのオプションがございます。

挙式とあわせて花水木婚礼係0594-45-1111へ、ご相談ください。

Q 混雑時の三脚使用ご遠慮のお願いや、撮影のルールはありますか?
A
<ご来場のお客様へ> 


  • (1)他のお客様に妨げや迷惑になる行為は遠慮ください。
  • (2)なばなの里内は通路等が狭い箇所が多々あります。また夜間は導線が大変暗くなり三脚のご利用は大変危険です。混雑時の使用はご遠慮ください。
  • (3)立入禁止区域、花壇内、店舗内等で無許可撮影禁止です。
  • (4)なばなの里はお子様やご高齢の方々が沢山お越しになりますので、特に「場所を占拠し通行の妨げになる場所取り」や、「同じ場所での長時間の撮影」はご遠慮ください。
  • (5)他のお客様にご迷惑になりますので、過度の撮影方法はお断りしております。
  • (6)他のお客様とトラブルが発生した場合は直ちに撮影を中止していただきます。
  • (7)報道・取材の方は申請・許可・係立会いの上撮影をお願いします。

<混雑時の三脚のご使用ご遠慮のお願いについて>

  • なばなの里には沢山の花々やイルミネーションの電材等がいたるところにあり、撮影に伴い破損や花々が踏まれる被害や、三脚につまずいて怪我をしたり、カメラを破損したり、同じ場所での長時間の同場所においての占拠や場所取りにより「景色が楽しめない」「記念撮影もできない」などの被害や苦情が過去に多発し、今現在もなくなることがございません。多くの皆様に美しいお花やイルミネーションをお楽しみいただくために残念ながらお願いをしております。
  • 写真を愛する方々のほとんどはマナーの良いすばらしいカメラマンの方ががほとんどです。まれに写真をこよなく愛するがために、他の人と違う構図や、より良い作品を追い求め、うっかりしてしまったということが多々ありました。それによりルールが厳しくなったということは真に悲しいことです。
    特に繁忙時期にはカメラにまつわるトラブルが多々発生いたしております。
  • その中で混雑時の三脚使用にまつわるトラブルが残念ながら一番多いのが実際のところです。その為、「気持ちよく」お楽しみいただくために最低限度のガイドラインを設けております。

<カメラを持つすべての方に>

  • ご来場の方の中で、ひどい事例では撮影の邪魔になるからと、立て札を引っこ抜いたり、庭園の枝を 折ったり、花をちぎったりと心無いことをする方も過去に何度もあります。撮影の際に「邪魔な杭や柵があって構図に困った・・・こんなのどうしてつくる の?」写真を愛する方々にはご経験も多いはずですが、これもお花や木々を守るために止むなく設置されているという悲しい現実があります。フォトポイントはやはり美しく景色を楽しめる場所というのは、カメラマンの方にとって限った事ではなく、ご来場の方々にとっても景色を眺めたい場所であり、みんなで景色を背景に記念撮影をしたい場所でもあるという現状を理解いただけると幸いです。場所は譲り合って楽しめる環境が必要です。近年のデジタルカメラの発達によりカメラを撮影される方々が沢山増えました。カメラマンの方々にとっても一般の来場者の方へのマナーへのお怒りの お気持ちも察するところではありますが、一般の写真を撮影する方々もすべてカメラマンであり共通のルールでお願いしておりますのでアマチュアカメラマンに 限っての規制ではないことをご理解ください。